みらいサポート協同組合外国人技能実習生受入事業 > 外国人技能実習生受入制度

外国人技能実習生受入制度

外国人技能実習生受入制度とは?

外国人技能実習制度は、我が国の産業界に開発途上国等の青壮年を受け入れ、我が国で開発され培われた技能等を、技能実習生を通じて移転を図ると同時に、その国の産業・経済の発展を担う「人づくり」に寄与することを目的とし、日本の国際協力・国際貢献の一翼を担うものです。
みらいサポート協同組合は、ベトナムの認定送出機関と提携し、厳選され教育された技能実習生の受入事業を行っております。


外国人技能実習生受入のメリット

職場の若返りと活性化につながります

技能実習生たちは若くて学ぶ意欲あふれた人材なので、職場の高齢化問題や若年層の離職率が高い昨今、職場の活性化に欠かせない存在になりつつあります。
また、技能実習生受入れのための環境づくり(就業規則や36協定等の整備)は、日本人若年層を雇用する条件の改善にもなりますし、さらに熟練工が技術を教え伝えることに回帰し、職場の活性化につながります。

「ゆとり」のある人員計画が可能になります

日本人若年層の人口減少に伴い求人への応募が無かったり、面接しても条件等が合わず採用に至らなかったり、また折角採用できても直ぐに退職したりと人事担当者の苦労は年々増えるばかりか採用経費も高騰しています。
実習生なら確実に1回の面接で採用が可能で、離職の心配がほとんどありません。

国際貢献と国際ビジネスへのステップアップをはかります

御社の技術・技能・知識を習得した実習生が帰国し、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、御社にとっても大きな国際貢献の一翼を担ったといえます。
また帰国した実習生が架け橋となり現地および現地企業との関係ができ、新たな海外進出への可能性も開けてきます。




技能実習生受入可能人数

実習生受入企業1社あたり、1回に受け入れることのできる技能実習生の人数は、企業の常勤職員数によって決まります。
なお、常勤職員数の中に技能実習生は含めません。


実習機関の常勤職員数50人以下51~100人101~200人201~300人301人以上
受入実習生の人数3人まで6人まで10人まで15人まで常勤職員総数の20分の1



技能実習生受入シュミレーション

常勤職員数50人以下の企業での実習生を受入れる場合のモデルケース